スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

容積と重量 どちらが良いか?

容積と重量、、、会社によって、容積で見積もりだす会社、重量で見積もりだす会社があります。さらに、容積でも立方メートル(cbm)で出す会社、立法フィート(cft)で出す会社、重量ではキロ単位で出す会社、ポンド(LBS)で出す会社、本当にさまざまで、、、きっとお客様からしたら何が何だか分からないことでしょう、、、、。
簡単な、公式をお教えしましょう、、、、、、
1立方メートル(1cbm)=35.315立方フィート(35.315cft)
100ポンド(100lbs)=45.36キロ(45.36kg)
以上で換算されます。

また、お荷物の重さと容積の関係ですが、、、こちらは、本が多いとか、家具が多いとか所謂Density(比重密度)によって変動するわけですが、、、、
本が殆どの場合であれば、1000ポンドで、2立方メートル程度
一般的な引越(家具も含む)場合であれば、4立方メートル程度
といったところでしょうか?
一つの比較するための指標として必ず役に立つはずです!!

因みに、エコノムーブジャパンでは容積(立方メートル)による見積り方式を採用しています。
重量の場合、確かに下手な人が梱包すると荷物が大きくなってしまったりする懸念がありますが、
弊社の社員は全員がプロ熟練者ばかりですから心配入りません。
それに、、、重量の場合、お客様にこれこれの重さがありました、、と報告してもお客さんにはほとんどピンとこないことでしょう、、、本当に言われた重量が正しいものやら、、、正しくないものやら、、判断がつかないと思います。
その点、容積は誰が見ても明らかで目で見て確認でき納得が出来ますからフェアーだと思います。

一つよくある間違いです。。。。
3立方メートルの容積のことを縦3メートル×横3メートル×高さ3メートルの容積といわれるお客さんがたくさんいらっしゃいます、、、、、。
実際にはその容積は、3*3*3=27立方メートルにもなってしまいます。
分かりやすいのは1立方メートルが3個ある、という計算です。
実際には弊社の3立方メートルは標準的には幅2.2メートル×奥行き1.1メートル×高さ1.24メートルで計算することが多いです、、、。

スポンサーサイト

カテゴリ : よくある質問

キーワードタグ : 容積 重量

プロフィール

運営者:島 信一

海外引越しのプロフェッショナル。長年の経験で養った世界各国の引越しの知識をご紹介します。株式会社エコノムーブジャパン取締役。

最新記事
カテゴリ
キーワードタグ

容積 プラスチックケース 巻きダンボール ペット 梱包 重量 海外引越しノウハウ ファブスラボ オーストラリア ニュージーランド SAL セルフパック スタンダードパック EMS 船便小包 アイリスオーヤマ エアトラベルキャリー 郵便局 検疫検査 

月別アーカイブ
検索フォーム
関連商品
海外赴任の本
RSSリンクの表示
ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ
リンク
スポンサードリンク
すぎなみボード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。