スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

海外引越は消費税を払う必要があるか?

海外引越はもちろん非課税です。
一部の海外引越会社は5%消費税と称して消費税を請求する会社があると聞いていますが、海外引越は貿易輸出入となりますので、非課税扱いなのです!! 消費税を請求される必要はないのです。
海外引越における消費税請求は違法?なのでしょうか?5%値段を高く売るための方策として使うのであれば違法とは言えないでしょうが、消費税として5%高くするのであれば、買う側の立場から言えば、「消費税を取ることはおかしいんじゃない?」と言うことはできますね、、、。

海外引越価格は、日本側料金、海上運賃、現地側料金、これら三つから成り立っていますが、海上運賃を購入するときは非課税ですし、もちろん海外での現地側料金に日本の5%消費税が課税されることはありません。日本側料金には海外引越会社であっても5%消費税を払ったコスト(例えばダンボールの資材等で消費税を払って購入します)がかかりますがであれば、ちゃんとした国土交通省に認可を取ってある海外引越会社であれば、年間に一度、払いすぎた消費税の還付手続きをしていますから、消費税をお客様に請求することはありません。5%の消費税って大きいですから、余計な費用を払わないように節約しましょう!

エアーチケット買うときに5%消費税を請求する会社は皆無であるのと同じで、海外引越は非課税なのです!!
スポンサーサイト

カテゴリ : よくある質問

日本のテレビ番組を海外でも見ることができる?

私自身も、以前海外生活をしたことがあるので、日本のテレビ番組を見たくてたまりませんでした。日本のテレビ番組をビデオで録画して貸し出してくれるレンタルビデオ屋さんがあったので、そこまで借りに行きましたが、もちろん限られたテレビドラマだけしか見ることができません。

今は時代も変わったもので、、、、日本のテレビ番組を海外で見ることができます。正確に言うとテレビで見るのではなくPCモニターで見るということなのですが、、、、。 ソニーがすばらしい商品を販売しています。内容は、ロケーションフリーなる商品です。本体ベースを日本に置いてデジタルTVチューナー等と接続して、その本体ベースへ海外のPCから番組を拾いにいくという考え方の商品です。
私にしてみれば、夢のような商品で、ついにPCとデジタルテレビの融合でここまでできるようになった画期的な商品かと思います。しかも価格もとてもリーゾナブルです。
本体ベースは33000円程度? PCダウンロード用ソフトが2000円程度?とのことでした。
正確に言うとテレビ番組をPCモニターでみるのですが、最近のPCモニターは大型化してきており、一部のデジタルテレビではPCモニターとして使えるものが多いので大型画面で見ることも可能です!

日本標準時での番組ですから欧米に住んでいる方には時差のずれがあるので、見る時間に苦労されるかと思いますが、、、、アジア、オセアニアに在住の方には滅茶苦茶にうれしい商品ですね! 日本でのインターネット接続環境がつなぎっぱなし環境であればOK,PCはWindowsであればXPプロフェッショナル以上、UPNP対応のルーター、海外でのインターネット接続環境、日本でつないでもらうTVデジタルチューナーの方式等、超えなければならない条件設定がありますが、それほど難しい条件設定でもなかったかと思います。詳しくは、http://www.sony.jp/products/Consumer/locationfree/index.htmlを参照してよーく読んでくださいね! こちらに関するお問い合わせはメーカー(ソニー)まで直接にお願いします!

カテゴリ : よくある質問

日本のテレビを海外でも使うことができる ?

購入したばかりの大型画面フラットパネルデジタルテレビを海外でも使いたいのだが、使うことができますか?という質問をよく受けるのですが、答えは「YES」です。(但し現地側でデジタルTVチューナーが必要)(但しオーストラリアでの確認分)

オーストラリアへ引越しされたお客様からの情報で確認できました。特にオーストラリアの場合には、TVの方式が日本と違い(日本はNTSC方式、オーストラリアはPAL方式)があるので、難しいのでは?と思っていました。米国カナダのTV方式は日本と同様でNTSC方式ですので、日本のTVをそのまま使うことができたのですが、オーストラリアでは無理?かな、と思っていたのですが、、、、テレビがハイビジョン方式が映るデジタルテレビ方式であれば、オーストラリア現地で市販されているデジタルテレビチューナーを購入して赤、白、黄色の3本のケーブルでDVD等をつなぐのと同様に結線するだけで日本のテレビがデジタルテレビモニターとして使うことができるとのことでした。そのチューナーの価格はせいぜいA$100-200程度とのことです。ちなみに今回情報いただいたお客様はDGTEC社の製品をA$100程度で購入されたとのことです。
テレビの方式がデジタル方式になってくると、従前の世界でのいろいろなTV方式である、NTSC方式、PAL方式、SECOM方式は関係なくなるということなのでしょうか?

まったく別の話なのですが、、日本のテレビ番組をそのまま海外で見ることができるという製品が世の中ですでに市販されているようで、現在詳細確認中です。よおく調べてからまたブログにアップしますので、請うご期待です!(インターネットとの組み合わせにより実現できた技術のようです、、!!)

カテゴリ : よくある質問

荷物がなくなることってありえますか?

引越した荷物がなくなる?ということはありえない筈で、その考え方の合理性は誰が考えても当然のことであり正しい筈なのですが、実際には荷物がなくなるということがありえます。 本当に不思議で残念でたまらないのですが、、、、。 実は最近オーストラリアで発生してしまいました。お客様には多大なる迷惑をおかけしてしまいました。また、保険会社もモノがなくなった場合及び腰になり保険会社もほとんど役に立ちませんので厄介なのですが、、、。 保険会社が保険適用する場合には、配達時に間違いなく箱自体がなかったという配達する現地引越し業者からの証言報告が必要となります。また、リストに書いていないものがなくなっていた場合についても、こちらは適用が難しいのです。
多くの場合において個数が合わなくてもお客様が受け取りのサインをされることが多いですから、それを楯にとって保険会社が及び腰になる理由を与えてしまうのでしょう、、、。
このような場合には、エコノムーブジャパンでは、弊社が自らの責任で保険を使わずに求償することになりますので、お客様にかかる負担は最小限に押さえられるようにするのですが、、、、でも、結局金額換算で弁償する形となってしまいます。お客様にしてみれば、お金なんか要らないから現物を返してほしいと思うのが本当の気持ちであり、何とか探し出してみたいのですが、、、、、。
荷物は決してなくなってはいません、、、必ずどこかにあるのです!!

対応策については、まずお荷物受け取り時に必ずインベントリーリストにあった箱の数が間違いなく受領できているかどうか注意して確認することです。荷物が多い場合には箱数の数え間違いが出やすくなります。もしリストにある個数と受け取った個数に差異がある場合には必ずその場で数えなおしをすることが大事です。(面倒くさいと思いますからぜひとも数え直ししてください)。
荷物がなくなる理由は、やはり税関検査、検疫検査で任意の箱を取り出して開墾検査する場合があるのですが、そのときに発生しやすいのでは?というのが弊社での印象です。
それから、リストについてはなるべくDetailに応じて詳しく書いておく必要があるというのが弊社での反省ポイントです。

今後ともますます作業品質を上げて、完璧なインベントリーリストを作成して、なくなったものがゼロに押さえられるように、同時に、正しく保険求償できるように心がけて行きます。受け取りの時には慎重に個数の相違がないかどうか?注意しておいてくださいね。検査が厳しく入る国々(オーストラリア、ニュージーランド)への引越し時には特に注意いたします!!

カテゴリ : よくある質問

よくある勘違い、3立方メートルは3m×3m×3m?

容積のことを勘違いするお客様がよく見受けられれます。「3立方メートルは、縦3m×横3m×高さ3mということでしょうか?」、と質問されるお客様がいらっしゃいます。これは、大きな勘違いで容積を見誤ることがありますので、ご注意ください。 3×3×3=27立方メートルとなってしまいますので、実際には9倍も大きな容積となってしまいます。もう少し分かりやすい表現は、1立方メートルが三つあると考えれば分かりやすいと思います。押入れに換算すると分かりやすいのですが、3立方メートルの容積は畳一畳の面積(襖2枚一間幅)で床から襖の高さ(1.8m高)までの容積となります。実際にはエコノムーブジャパンのスタンダードパックでの3立方メートル標準サイズは、幅2.2m×奥行き1.1m×高さ1.28m程度の外装ケースに仕上げます。

カテゴリ : よくある質問

キーワードタグ : 容積

プロフィール

運営者:島 信一

海外引越しのプロフェッショナル。長年の経験で養った世界各国の引越しの知識をご紹介します。株式会社エコノムーブジャパン取締役。

最新記事
カテゴリ
キーワードタグ

容積 プラスチックケース 巻きダンボール ペット 梱包 重量 海外引越しノウハウ ファブスラボ オーストラリア ニュージーランド SAL セルフパック スタンダードパック EMS 船便小包 アイリスオーヤマ エアトラベルキャリー 郵便局 検疫検査 

月別アーカイブ
検索フォーム
関連商品
海外赴任の本
RSSリンクの表示
ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ
リンク
スポンサードリンク
すぎなみボード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。