FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

荷物がなくなることってありえますか?

引越した荷物がなくなる?ということはありえない筈で、その考え方の合理性は誰が考えても当然のことであり正しい筈なのですが、実際には荷物がなくなるということがありえます。 本当に不思議で残念でたまらないのですが、、、、。 実は最近オーストラリアで発生してしまいました。お客様には多大なる迷惑をおかけしてしまいました。また、保険会社もモノがなくなった場合及び腰になり保険会社もほとんど役に立ちませんので厄介なのですが、、、。 保険会社が保険適用する場合には、配達時に間違いなく箱自体がなかったという配達する現地引越し業者からの証言報告が必要となります。また、リストに書いていないものがなくなっていた場合についても、こちらは適用が難しいのです。
多くの場合において個数が合わなくてもお客様が受け取りのサインをされることが多いですから、それを楯にとって保険会社が及び腰になる理由を与えてしまうのでしょう、、、。
このような場合には、エコノムーブジャパンでは、弊社が自らの責任で保険を使わずに求償することになりますので、お客様にかかる負担は最小限に押さえられるようにするのですが、、、、でも、結局金額換算で弁償する形となってしまいます。お客様にしてみれば、お金なんか要らないから現物を返してほしいと思うのが本当の気持ちであり、何とか探し出してみたいのですが、、、、、。
荷物は決してなくなってはいません、、、必ずどこかにあるのです!!

対応策については、まずお荷物受け取り時に必ずインベントリーリストにあった箱の数が間違いなく受領できているかどうか注意して確認することです。荷物が多い場合には箱数の数え間違いが出やすくなります。もしリストにある個数と受け取った個数に差異がある場合には必ずその場で数えなおしをすることが大事です。(面倒くさいと思いますからぜひとも数え直ししてください)。
荷物がなくなる理由は、やはり税関検査、検疫検査で任意の箱を取り出して開墾検査する場合があるのですが、そのときに発生しやすいのでは?というのが弊社での印象です。
それから、リストについてはなるべくDetailに応じて詳しく書いておく必要があるというのが弊社での反省ポイントです。

今後ともますます作業品質を上げて、完璧なインベントリーリストを作成して、なくなったものがゼロに押さえられるように、同時に、正しく保険求償できるように心がけて行きます。受け取りの時には慎重に個数の相違がないかどうか?注意しておいてくださいね。検査が厳しく入る国々(オーストラリア、ニュージーランド)への引越し時には特に注意いたします!!

カテゴリ : よくある質問

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

運営者:島 信一

海外引越しのプロフェッショナル。長年の経験で養った世界各国の引越しの知識をご紹介します。株式会社エコノムーブジャパン取締役。

最新記事
カテゴリ
キーワードタグ

容積 プラスチックケース 巻きダンボール ペット 梱包 重量 海外引越しノウハウ ファブスラボ オーストラリア ニュージーランド SAL セルフパック スタンダードパック EMS 船便小包 アイリスオーヤマ エアトラベルキャリー 郵便局 検疫検査 

月別アーカイブ
検索フォーム
関連商品
海外赴任の本
RSSリンクの表示
ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ
リンク
スポンサードリンク
すぎなみボード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。